スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリックについての勝手な印象

読者の方から、キリスト教の中でもプロテスタント系である私にこんな質問をいただきました。
「プロテスタントとカトリックのエキュメニカル運動が始まり久しいですが、カトリックやカトリック者については、どうお考えでしょうか。」

親しく知っているカトリック者もいませんし、カトリックについて詳しいわけでもないので、以下は外から見た印象だけです。誤解もあるかもしれませんし、隣の芝生が青く見えているところもあるかと思います。

まず、やはり同じ聖書を手がかりに同じ主を信じる、同じ宗教なのだなと思うところのほうが多々あります。
これについてプロテスタントでは「宗教改革後にカトリックでも、プロテスタントを見習って内部改革が進んだ。だから今では違いが小さくなってきている」と理解されていることが多いようです(私自身、何人かの牧師からそのように聞きました。)

ただこれも、対抗宗教改革は宗教改革より前に始まっていたことがわかってきています。宗教改革という言葉は「カトリックを改革しようというもので、そうしたムーブメントの中に登場したルターたちもプロテスタントを旗揚げしたかったわけではないだろうと思うのです。

たとえとして適切かわかりませんが、わたしの中では「宗教改革というのは兄(カトリック)を弟(プロテスタント)がいさめた(=宗教改革)。でも弟に言われる前から兄はわかっていてなんとかしようとしていた(=対抗宗教改革)、だからもう手を携えていこうよ(=エキュメニカル)」というイメージです。

そうはいっても、プロテスタントの中にはカトリックを批判したいという部分もあります。「カトリックが間違ったときに、正しい方へ進んだのがプロテスタントなのだから、自分たちプロテスタントこそ実質的な本家」という正統派争いみたいなものを感じてしまうのですが。
で、プロテスタントのカトリック批判でもっともわかりやすいのが「マリア崇拝」への批判だと思います。
ただこれも、ラテン語や英語でどうなのかは知りませんが日本語だと実際には「マリア崇拝」ではなく「マリア崇敬」という言い方をしてますよね。
「崇敬=敬う」と「崇拝=拝む」では意味がまったく違いますし、わたしでもマリアを拝むというなら「聖書と違う」と思いますが「敬う」というなら気持ちは理解できます。
むしろ、マリアという存在は「カトリックは人間をわかってるよな」と思わされるんです。これもカトリックを外から見た私の印象なので、カトリックにおけるマリア理解(という表現が適切かわかりませんが)に合うものかはわかりませんが。
カトリックの祈祷文に「聖母マリア、すべての天使と聖人、そして兄弟の皆さん、罪深い私のために祈ってください」というものがありますね。あれを知ったときに私は、カトリックは人間というものをわかってるなと、だてに2千年も人間を扱ってないなと思いました。

あの祈祷文について、プロテスタントの牧師や神学者なら「私たちと御父との間に立たれるのが御子であって、その御子と人の間を取り持つ存在は必要ない。そもそも聖なる存在は神のみであって、聖母とか聖人というのはおかしい」と言うだろうと思いますし、私も頭ではそう考えます。
ですが「それでも、とてもキリストの前には立てない」という時もあるのが人間じゃないだろうかと思うのです。私自身、どうしても祈れない時があって、教会で「私のために祈ってください」と頼んだことがあります。だから「私たちとおなじ人間だというのはわかっているけれど、なんとなく私よりも御子との距離が近そうな気がするマリア」とか、「すでに天に召されて主のみもと近くにいる人々」に、御子との間に立ってとりなしてほしいというのは、とても自然だと思うのです。

主イェス自身、マリアは特別ではないということを言っていますし(マタイ12章後半など)、我ながら情緒的すぎて根拠薄弱なことをさっきから書いているという気もしますが。

余談ですが、情緒的ついでに。
懺悔室というのも「カトリックはわかってるな」と思わされます。これはもう映画などでの印象しかないので、現代において実際に赦しの秘蹟というのがどのように行われているのかもしらないのですが。
「信頼できない牧師には怖くてさらけだせない、だけど信頼している牧師には恥ずかしくて聞かせられない、でも誰かに告白してこんな自分のためにとりなしを祈ってほしい」ということがあるときに、壁一枚へだてたところで話を聞いてくれるという距離感って絶妙だなぁ、わかってるよなぁと。

カトリックについて私にとって衝撃的だったのは、昭和天皇が倒れられたときのことです。
恥ずかしながらプロテスタントには、普段は愛を教えながらこと皇室については呪うという牧師やクリスチャンが、少数だと思いたいですが実際に存在します。昭和天皇は東京裁判で死刑になるべきだったとまで言った牧師さえいます。
そんなときに昭和天皇が倒れられ、そしたらカトリックでは陛下の病気平癒のための祈りがささげられたと聞いて、「いったいどちらが主イェスの教えに近いか」と思わされました。

昭和天皇が崩御されたあとも、プロテスタントではあちこちから「大葬の礼ハンタイ」「新嘗祭ハンタイ」とシュプレヒコールが上がっていましたが、あとで「昭和天皇ご逝去に際する信徒宛カトリック司教団談話」というのを見たときには愕然としました。昭和天皇の神格化などがないよう注意を払うという当たり前の但し書きと、政教分離や信教の自由が守られるようにという要望を付しているものの、何よりもまず一番最初に「司教団は、神に召された天皇の永遠の安息を祈り、心から哀悼の意を表します。」と。あれには「勝てない」と思わされたものです。勝ち負けでいうのは語弊があるかもしれませんが。

プロテスタントの中にもいろいろな考え方がありますし、カトリックも全体が同じ思想ということではないでしょうけれど、おもてに出てきているところ、教会の外にいるたくさんの日本人(つまり宣教対象)に見えるところをそれぞれの代表的な姿勢とするならば、少なくともプロテスタントから日本社会への発信は「なんてすばらしい教えだ、帰依したい」と思わせるものにはなっていないように思えて仕方なく。。。

なんか段々、カトリックの印象を書くふりをしてプロテスタント批判ばかりしてる気分になってきましたが、もうひとつだけ。

人道的には、キリスト教徒がユダヤ人に対してどれほどのことをしてきてしまったかといういこと。
宗教的には、神のイスラエルへの約束はイスラエルから取り上げられて教会に与えられたなどという、反聖書的な理屈がまかりとおっていること。
この二つを悔い改めていないことはプロテスタントの大きな宿題だと思いますが、カトリックはユダヤ人(ユダヤ教)との和解をすでに課題としてとらえていて、特に先代教皇は和解のためにとても心をくだき実際に自分で動いておられた。
カトリック国フランスがヨーロッパで今もっとも反ユダヤ主義が強いことなどを考えると話が複雑になってしまいますが、とにかくカトリックは一歩を踏み出しています。
その点プロテスタントは、カトリックのような一枚岩ではないということもあり、中にはユダヤ人の救いのために熱い祈りと奉仕が続けられているグループもあるものの、宗教改革者たちの伝統を守って反ユダヤ主義にとどまっているのが多数派であるように感じています。

あと、私は「礼拝とは何なのか」ということをよく考えます。プロテスタントの礼拝というのは、口では「神にささげるもの」と言いながら、実は会衆が客になってるんじゃないかと感じることが多いからです。極端に言うと、人間(信徒)が「今日の礼拝では恵まれた」と思えたらいい日曜日なんですね。言葉は悪くなりますが、まるで消費者ではないかと感じることがあります。
個人的な感想ですが、何度か出席したカトリックのミサというのは、最初から最後までが一幕の作品であるかのように感じました。なめらかで美しくて、「いかに整えあげて御前にささげるか」ということが長い時代の間に工夫され考え抜かれているのだろうという印象を受けます。

司祭という訳語がどのようにしてできたのかは知らないのですが、礼拝は私たちが主にささげる祭りなのだとすれば、その祭りを司るのが司祭ということだろうかと考えています。
私の知るプロテスタント教会では、牧師は聖書の説き明かしのみで、礼拝の進行役は司会と呼ばれています。会を司ると書いて司会、礼拝は祭ではなく会合なのかと。(聖書でも神の民について「集会」という言葉が使われますし、神と人との会合と考えればいいのかもしれませんが。)

プロテスタント批判だらけになりましたが、私が信仰に導かれたのも、父と子と聖霊の名によってバプテスマを授けられたのも、プロテスタント教会です。それは主から出たものであると信じるゆえに、私は生涯プロテスタントにとどまり続けると思います。
でもそうやってプロテスタントで信仰を守るためにも、カトリックが守ってきたものや積み上げてきたものから学びたいなと。

できれば聖体拝領に与れるといいなとは思いますが、これはカトリックの聖変化の考え方をプロテスタントが認めないというお互いの信条の問題があるので仕方ないことですね。

ノアの方舟に関する子供向け讃美歌って

実に6ヵ月ぶりの更新です。

先日、中野教会(日本同盟キリスト教団)恒例の、夏の小学生キャンプをお手伝いしてきました。
今年のキャンプは、ノアの方舟の記事から、救いに入るということがテーマ。
で、用意された歌集にも、子供讃美歌なのか最近のワーシップソングなのか、洪水物語の歌が入ってたのですが。これがなんとも、明るく楽しい歌なんですね。
そういえば、ぼくが知ってるのでいうと「友よ歌おう」か何かに入ってた曲があるのですが、あれも楽しい曲でした。

けど。
よく考えてみると、ノアの物語って決して楽しいお話じゃないんですよね。

動物がたくさんでてくる楽しいお話、って教えかたをということなんだろうか。
でも、ライオンとか群れで生活する動物たちも含めて、ひとつがいor7つがいしか方舟で生き延びられる個体はなかったわけです。
ゾウなどは、肉食獣に襲われたときは円形陣を組んで真ん中に子供を入れて守るほどだけど、でも方舟にはたったひとつの群れの全員さえ乗れなかった 。
みんな、子供や親や群れの仲間を残してきた。
方舟へと集まってきた動物たちは、種の中でも群れの中でも、自分たちしか生き延びられない、自分以外の個体はすべて死ぬという状況を背負って集まってきているわけです。


アダム以来、人間が地を治めると定められ。
そして今、アダムの子孫たちのおろかさゆえに、種の中からごくわずかを残して死んでいかなければならない。

子供向けの聖書絵本などによくある、方舟目指してさまざまな種の動物がペアごとに一列に進んでくる構図の、その背後には死にゆくおびただしい命がある。
彼らがもし話せるなら、それは人間という愚かな支配者への怨嗟の声でなくてなんだろう。

(愚かな民主党政権と日本国民の関係に似てる?ぼくたちは自分で民主党政権を選んだんだから、それは違う。
それより、愚かな日本人のせいで避難もさせてもらえずに放置され放射能を浴びている家畜やその他の生き物のことを考えてしまう。)

だとしたら、一年後に方舟を降りて行った動物たちは、ノアとその家族たちにどんな目を向けただろう。
「ノアさん、あなただけでも正しい人がいたおかげで、方舟で生き延びることができました」という感謝?
そうかもしれない。
でもそれよりずっと強い感情として「人間よ、今度こそ頼むぞ。二度と愚かなことはしてくれるなよ。」と思ったんじゃないかなぁ。

そう考えるとノーテンキすぎるように感じて仕方ないんだ、ぼくの知ってる洪水物語の歌は。

一年の初めを教会で

今日さきほど、午前0時を少し過ぎた頃、私は小さな教会にいました。

ほぼ例年、となり駅にあるカトリック教会での1月1日午前0時からの新年ミサで新年をスタートしてきたのですが、今年は行ってみたら、このミサなかったのです。
これではただ夜中に自転車で走っていただけになってしまう。
ということで帰り道、少し前に「お、こんなところに教会ができたんだ」と見つけていたところをのぞきに行ってみました。
教会といっても、飲食店が並んでいる一角に、十字架のイラストとか、英語でいろいろ書かれている中に「Jesus」とか聖書の言葉(これも英語で)が書かれているだけ。市内には小さな外国人教会が多いのだけど、そういうところならきっとカウントダウン礼拝とかやってそうだと思って寄ってみたわけです。

行ってみたらやっぱり明かりが点いて、なかからにぎやかな外国語(英語のような違うような?)が。
極度に人見知りする私にとって、事前にホームページなどでの情報収集なしにはじめての教会に、しかも外国人ばかりらしきところに飛び込むのはかなり勇気がいりましたが(到着してからマジで10分くらいどうしようか迷った)、意を決して飛び込んでみました。

「ここは教会ですか」とたずねると、幸い、日本語が堪能な方が「そうですよ」と対応してくれました。
「近くの教会の者ですけど、ちょっと通りかかったものですから」
「そうですか、どうぞ中へ」みたいなやりとりのあと、牧師さんと握手し、教会の皆さんとHappy New Yearの挨拶を交わし、祝福しあって、失礼してきました。フィリピン人の教会だそうです。

正月早々、新しいご縁をいただいて感謝。
外まで送ってくださった牧師さんの話では、日曜の午後3時から礼拝しているとのこと。私がレギュラー出席している教会の礼拝は日曜午前中だから、終わってからこちらにお邪魔することもできるわけで。近いうちにまた行ってみようと思います。

ワーシップソング作曲してみました

万葉集の「我が背子が 帰り来まさん時のため 命残さん 忘れたもうな」という歌、そのまま再臨待望の歌になるんじゃないかと思った、という話を少し前に書きました。

で、作曲してみました。
で、ホームページで公開しています。

「こんなの作ったから、聞いてみて、歌ってみて」というのではなく、いろんな人に見てもらってご意見をいただきながら直していくための公開です。(なので、あくまでバージョン1です)
「ここが歌いにくい」「ここの歌詞がわかりにくい」「このメロディーはどこかで聴いたぞ」など、コメントやメールくださるとうれしいです。

よろしくお願いします。

調弘道牧師から学んだこと

長いこと「神様は、強い人を牧師にするのだろうか。牧師にした人を強くするのだろうか」という疑問を持っていました。
私が知っている牧師さんはみんな、強弱で言えば「強」でしたし、またそうでなければああいうタフな仕事はできないと思ってましたから。

過去形でいうのは、故・調弘道【しらべ ひろみち】牧師を知る前はそう思っていたということです。
(この「お世話になった牧師さん」シリーズ初の日本バプテスト連盟の牧師さん登場)

失礼な言い方かと思いますが、人間の強弱でいえばこの方は「弱」だったと思います。
と言っても、牧師を生涯の職とすることを選べるという自体がハンパではないことです。それでも、私が知っている牧師さんたちから共通して感じるような強さは、調師からはあまり感じませんでした。

たとえば、日曜ごとに講壇に立つ仕事とは思えないくらい、何と言うか、恥ずかしがりな方でした。
教会の近隣にトラクトを配るのにも、恥ずかしいからと早朝に行う方でした。
こういう、苦手なことをどうやったらできるかと考えるような牧師がいると、「私にはそういう奉仕は無理です」とは言いにくくなって、困るというか何というか。

調師の礼拝メッセージはいつも、本当に絞り出すような語り方でした。
時には迫力ある語り方をされることもありましたが、そういう時に逆に違和感のようなものを感じるほど、普段は「全力を振り絞ってやっとここにたどりついた」という感じで。
そういう語り方だからこそ忘れられないメッセージがあります。イースターの翌週くらいの礼拝で「主の墓に向かって女たちがとぼとぼと歩くその先に、主が立っておられた。私たちの力ない歩みの先に、主がいてくださる」というものでした。
もし他の「強」な牧師の説教だったら、こんなに私の中に残らなかったと思いますが、今でも自分の弱さに直面した時はあの何年も前のメッセージが思い出されて「大丈夫、主がおられる」と思えるのです。

ところで調師はまた、どう動くか読めない方という印象がありました。エピソードはいろいろあるのですが、中でも一番、これは度肝を抜かれたと言いたいくらい予想外の動きをされたのは、ある年のクリスマス礼拝のことです。
CSの子供たちが礼拝の中で降誕劇を奉献し、そのあとに調師がいつもの日曜のとおりメッセージのために講壇に上がりました。ところが調師は「降誕劇に感動しました。今日はこれで十分です。説教にまさる降誕劇でした」というようなことだけ言って、講壇を降りてしまったのです。

これは賛否が分かれると思います。(実際にあとで批判的意見も出されたと聞きました)
でも調師くらい経験がある牧師さんなら、いくらでもやりようはあったはずだと思うのです。なのにそれでも、あのようになさったというのは、逆に勇気がいるかもと思います。
もしかすると、語るべきことを示してくださるという聖霊様が、調師に「今日の礼拝はこれで十分ではないか」と示されたのかもしれません。とにかく、礼拝とは?説教とは?ということを考えさせられたできごとでした。
(同時に、CS奉仕者としての私には、礼拝での降誕劇は「出し物の発表会」ではない、仮にも礼拝の中で何かするということはあだやおろそかにできないのだ、ということをあらためて教えられたという思いもあります。)

そんなわけで、最初のあの二択の疑問は最初から間違っていたわけです。強い人を牧師にすることも、牧師にした人を強くすることも、弱い人を弱いまま用いることも、神様は自由になさるのでしょう。

これだけ書いてから言うのもなんですが、人を強弱で評するような考え方自体やはり失礼かもしれません。私自身が弱だから、調師を見ていると、というか調師を用いられた神様を思うと、「弱だというのは言い訳にできないのか」という気にさせられた、ということを言いたかっただけです。

ただ、「弱」だと感じる一方で、調師から何度かお手紙をいただいたのですがそれらはとても力強いものでした。
使徒パウロは「文章は素晴らしいけど、会ってみると」というタイプだったようですが、もしかすると調師もパウロ型だったのかもしれません。

主は、あまりにも早く突然に先生を召してしまいました。許されることならもっとゆっくりたくさん語りあいたかったと思う方です。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。