スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国参拝は憲法89条に違反しますか?

どうも釈然としないのです。「首相や政治家の靖国神社参拝は、憲法89条に違反する」とお考えのクリスチャンに貿問させてください。
憲法のその条は次のように規定されています。
公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

これを文字どおりに読むと、禁じられるのは「公金その他の公の財産」ですから、靖国参拝する首相や政治家が玉串料などを「ポケットマネーその他の私的な財産」から支出するなら、何の問題もないように思えるのですが。

言うまでもないとは思うのですが無用なツッコミが来る前に整理しておくと、「政治家の靖国参拝が『信教の自由』をおびやかすか」という話しではありません。政治家の靖国参拝が「20条違反かどうか」ではなく、「89条違反かどうか」という質問です。
89条に関しても、玉串料や忠魂碑建造に「自治体が公金を支出することが禁じられているか」ではなく、「政治家が私的な財産から支出することが89条で禁じられているか」という話しです。
これは本当に蛇足ですが、「89条に違反しないなら何をやってもいい」などとも考えていません。(一応書いておかないと、そういう愚にもつかない反論をする人も特に左側には少なくないようなので)


ところで、教会立の幼稚園やミッション系の学校などの私学教育は「公の支配に属しない教育の事業」ですよね。教会立の福祉施設も「公の支配に属しない博愛の事業」ですよね。そういったものを税金で助成するのは89条違反じゃないんですか?政治家個人の奉納なんかよりあからさまな違憲に見えるのですが。

「私学といえども法律に従っているのだから『公の支配』に属していることになる」ということかなぁとも思ったのですが、公の支配というのが合法であるかという意味だとすると、靖国神社だって宗教法人法などに則した合法なものですから(89条的には)問題がないということになるし、89条は「違法な慈善、教育、博愛の事業には税金を使うな」としか言っていないことになってほとんど空文化するんじゃないでしょうか。無認可幼稚園とか、ホームスクールやチャーチスクールなどが対象の条文なんでしようか?
89条を日本語として普通に読む限り、政治家の靖国参拝や自分の金からの玉串料奉納について、少なくとも89条に抵触するというのは無理があるように思います。法学にはド素人の考えですが。

wikipediaの「日本国憲法第89条」の項を見たところ(こういう項目まであるのがwikiediaのすごいところだな)、次のように解説されていました。(2008年12月21日現在)
判例によれば、この条文でいう宗教団体とは、布教や具体的な宗教行為の実践を本来の目的とする団体に限られるとされる。換言すれば、特定の宗教に基づいて運営されているというだけでは、この条文でいう宗教団体には該当せず、献金や助成は合憲である。これは日本遺族会への献金の合憲性をめぐる訴訟で初めて判示されたもので、後に公明党への政党交付金を正当化する法理となった。
これとは別に、私立学校振興助成法による助成は憲法違反にあたるのではないかという指摘がある。

これによると、教会立の幼稚園というだけなら「特定の宗教に基づいて運営されているというだけ」ですから、該当しないかもしれません。しかし、たとえば次のような私立幼稚園があるとします。
・建物の1階が園舎、2階が礼拝堂、3階が牧師の居室。
・日曜日には園舎部分も教会が礼拝や集会に使用、園庭は教会の駐車場として使用。
たとえばといながらめちゃくちゃ具体的ですが、一応、「この設定はフィクションであり、実在の教会や幼稚園には関係ありません」としておきます。

さて、都内某区には「建築物耐震診断助成」という制度があり、幼稚園の場合「耐震診断に要した費用の2分の1、限度額:1,000,000円」が助成されるそうです。
上記の例の幼稚園の場合、建築物耐震診断というものを「1階の園舎部分だけ」に行うということがあるでしょうか。でも2階部分の検査に助成金を使ったら、「宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため」の公金支出になりませんか?仮に1階部分のみ検査したとしても、1階部分も教会が礼拝や集会といった「宗教行為の実践」のために使うわけです。
まあ、土地建物とも幼稚園の所有で、それを教会が使わせてもらってるということなら(たとえば「教会付属幼稚園」じゃなくて、「幼稚園付属教会」ですね。施設内のチャペルが発展して教会を組織する例もありますから、ない話しじゃないと思います)、「この教会の本来の目的は福音宣教ではなく幼児教育だ」ということで問題ないかもしれません。

「靖国神社ヘの政治家個人の出費も、教会付属幼稚園への助成(公金の出費)も、ともに89条違反」というならわかります。
「他者には何が何でも89条違反を問うが、自分たちには問わない」ということだと、現在の私の日本語カでは理解できないのです。(ある牧師が「憲法は主権者である国民が権力者を規程するものであって、国民を規程するものではない」と言うのを聞いたことがあるのですが、だとしても私学助成は「権力者が税金を何に使うか」の問題ですしね。)

「教会にとって都合がいいことなら問題視しない」ということだとしたら、証にならないとかいう以前にそういう利用の関係に対する反省がキリスト教の政教分離だったんじゃないかと思うのですが。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://areopagus.blog65.fc2.com/tb.php/9-6434a0dc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。