スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷やし中華とプロテスタント

wikipediaによると、冷やし中華は1937年に仙台の「龍亭」で開発されました。ただし関西では、京都の「中華のサカイ」が1939年から「冷麺(冷やし中華のこと。韓国の冷麺とは別モノ)をメニューに載せていて、関東以北の「冷やし中華」とは異なり独自に発展したとする説もあるそうです。
ここで仮に「1937年には仙台で冷やし中華が作られていましたが、1939年を基準として今年2009年は『日本・冷やし中華70周年』です。」というお祝いが始まったとしたら、誰だって首をかしげるのではないでしょうか。

もちろん冷やし中華の場合はこれは仮の話で、「全日本冷し中華愛好会」も龍亭を「冷やし中華発祥の地」としているそうです。
ですが、キリスト教界では今年「1846年には沖縄でイギリス人のプロテスタント宣教師がキリスト教を伝えましたが、長崎と横浜でアメリカ人のプロテスタント宣教師がキリスト教を伝えた1859年を基準として、今年150年は日本プロテスタント宣教150年です」ということで、7月に横浜などでイベントが開かれたのです。
以前にも触れましたが、日本キリスト教協議会のWEBサイトのエキュメニカルカレンダーというページの7月5日のところに、今日(2009年8月28日)現在で次のように書かれています。
1859年、アメリカ聖公会、アメリカ長老教会、アメリカ・オランダ改革派教会の宣教師たちが、長崎と横浜に到着しました。その時から数えて今年は、150年になります。それ以前の1846年には、英国海軍琉球伝道会派遣の宣教師ベッテルハイムが琉球の那覇に上陸し、8年間、宣教活動を行っており、これが日本のプロテスタント宣教の始まりでもあります。
(中略)
 これらのことを覚えつつ、日本プロテスタント宣教150周年記念大会が、日本キリスト教協議会(NCC)、日本福音同盟(JEA)、日本リバイバル同盟(NRA)に加盟している多くの教派・団体によって準備され、7月8日(水)~9日(木)に、パシフィコ横浜において開催されます。
つまり、1846年に宣教師ベッテルハイムによって琉球で宣教が行われましたが、それはまあいいとして、1859年から数えて150年の今年に「日本プロテスタント宣教150周年」を記念します、ということなのです。(そもそも、「エキュメニカルカレンダー」というページで「プロテスタントの」宣教150周年を祝う告知をすること自体、エキュメニカルではないような気がしなくもないのですが。)

先ほどの冷やし中華の話で言えば、「日本の冷やし中華は1937年に仙台で始まった。ただし関西では1939年に京都で始まったものが一般的なので『西日本・冷やし中華70周年』を祝います」というなら、何も不思議ではありません。同じように「日本のプロテスタント宣教は1846年に沖縄で始まった。ただし本土では1859年にプロテスタント宣教が始まったので、『日本本土プロテスタント宣教150周年』を祝います。」というなら、間違ってはいません。(今さら沖縄と本土を区別することの必然性はともかくとして。)
けれど、沖縄にどんな歴史があろうと横浜長崎で始まってからが日本での歩みなんだ、と言っているわけですね。沖縄は日本に含まれないと。

素直な感想として、「2009年は日本プロテスタント宣教150周年」と言う人には、「日本が沖縄にしてきたこと」とか「歴史認識」ということを言う資格はないだろうと思います。

実は6月13日のことですが、東京・銀座の教文館で「ベッテルハイムの琉球伝道」というフォーラムが開かれました。上記のようにNCCは沖縄を切り捨てているわけですが、NCC教育部という組織がこうしたフォーラムを主催するということにも興味があり、それ以前に歴史好きとしてのぞいてきました。
その時のことはまた機会を見つけて書こうと思っていますが、結論から言うととても有意義な時間をすごすことができました。特に、クリスチャンではない歴史学者によって基調講演が行われるという、「その時そこで何があったのか」を宗派間の解釈の違いどころかそもそも護教的な視点さえなく聞けたのがよかったです。

で、それとは別に興味深かったのが、質疑応答の時間でした。
上記引用中のパシフィコ横浜での記念大会の関係者が来場していたのですが、そうした方たちから質疑応答の中で「150年を記念する中で、沖縄の宣教の歴史もおぼえる」ということを言ったのです。
キリスト教用語で「おぼえる」というのは、これから暗記しましょうという意味ではなく、あらためて心に思うというか、思いをいたすということなのですが、どう考えても、それは逆でしょう。「1846年をスタートとしてそこから現在までの時間の中で、その間にあった1859年の横浜や長崎でのスタートのこともおぼえる」というならわかりますが、1859年の横浜長崎を「日本のプロテスタント宣教のスタート」としている時点で、それ以前のことはなかったことしているわけです。なかったことにしておいてそれをおぼえるというというのは、上記引用中でベッテルハイムの沖縄宣教を「これが日本のプロテスタント宣教の始まりでもあります。」といっているその「でも」と同様に、意味不明です。

NCCのWEBサイトで公開されている声明文を見るたびに、この団体は「自分たちの見たいものしか見ない人たち」だとかねがね思っていたのですが、相変わらずなのだなと思います。
もちろん上記引用のとおり、これはNCCだけのことではなく、私が籍を置いている教会が所属している日本同盟基督教団が参加しているJEAもこの沖縄切り捨てに加わっていました。普段は客員教会員となっている別の教会に出席しているのですが、先日久しぶりに平日夜の祈り会に行ったところ、教会の婦人たちで横浜の教会へツアーに行ってきたと嬉々として感謝報告がされていました。もちろん横浜にとっては150周年だから何の問題もありませんけど、それを「日本のプロテスタント宣教150周年」の文脈で語られてしまっては、嘆息するしかありませんでした。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://areopagus.blog65.fc2.com/tb.php/73-806b9bcc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。