スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校講座 物理「電気の技術と半導体」

NHK教育の高校講座。意外とおもしろくて、ときどき(深夜とか日中の放送が多いので)録画しては見ています。なかなかバカにできません。
好みは「日本史」「世界史」「地学(宇宙の場合)」「地学(中東の場合)」あたりなのですが、普段は見ない「物理」の2009年6月12日の放送が「電気の技術と半導体」。理系はてんでダメな私ですが、まがりなりにもコンピュータでメシを食ってるのだしと、チェックしてみました。
講師は学芸大付属高教諭の川角博。

金属など、電気を通すのが導体。
プラスティックなど、電気を通さないのが不導体。
その中間的な性質であるのが、半導体。外からのいろいろな条件(たとえば温度の変化))によって、電流の流れやすさが大きく変化するもの。

半導体であるシリコンに、電子が一つ多いリンをほんの少し加えてN型半導体を作ったり、電子が一つ足りないアルミニウムをほんの少し加えてP型半導体を作ったり、それを組み合わせて電流の流れる方向をコントロールできるとか、ダイオードの整流の仕組みとか、トランジスタの増幅の仕組みとか。
勉強になるというより、「どういう人が、こんな工夫を思いつくのだろう」と感心してしまいました。
こういう話だったら私もとっつきやすかったかもしれないなと思いましたが、「こういう話」に行く前に「理系?苦手!」になってしまったのでしょうか。

高校講座はどの科目も毎回、3つのポイントがまず紹介されます。物理の今回の放送ではポイントの3つ目が「中途半端が役に立つ」でした。「半導体っていうのは、電気の流れやすさという性質がコロコロかわる、という意味で、まあ中途半端というわけなんです」とのこと。
番組の最後のまとめでは、
「(導体や不導体に比べると)この半導体というのはとても不安定な物質で、かつては扱いにくい物質だったんですね。ところが逆にいうと、これはとても敏感な物質だということなんです。これをうまく利用したんですよね。」
とのこと。熱を与えるなどで敏感に「電気の通りやすさ」が変化する性質が利用されている半導体は、言われてみれば確かに敏感な物質と言えますね。
ところが川角教諭は、不安定で扱いにくかったのが実は敏感という話を、さらにおもしろいところへ展開したのです。
「ところでこのことは人間にも言えるんじゃないかと思うんです。皆さんの中には、たとえば多くの人の中に入ると、ドキドキしてしまってうまくコミュニケーションがとれないなんていうことはありませんか?でもそれはあなたが敏感だからなんですよね。で、必ずですね、その敏感さが役に立つときがきます。ですので自信を持って、この人生を歩んでください。」

川角教諭が語りかけた「皆さん」というのは、視聴者として想定される高校生のことなのでしょうけれど、四十路オヤジの私に話しかけたのかと思ってしまいました。すごく上がり症で人見知りするものですから。油断していたというのもありますが(これが道徳とかの番組だったら、私は斜に構えて視聴したでしょう)、なんか、グッときてしまいました。
番組の冒頭でナレーションが「この物質が携帯電話やパソコンなどに使われ、とても重要な働きをしているのです」と紹介した半導体。身近なところから始まって「you were precious」に行くとは。教育テレビ、あなどりがたし!


※ 「you were precious」は、英訳聖書の言葉。ある邦訳聖書では「(神であるわたしの目には)あなたは高価で尊い。」と訳されています。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://areopagus.blog65.fc2.com/tb.php/53-72bbcffd

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。