スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御名をあがめてます?

いわゆる「主の祈り」を、礼拝でささげる教会は多いと思います。
主の祈りでは、冒頭で父の名があがめられるようにと祈ります。邦訳もいろいろありますが、たとえば教団賛美歌(1959版)では次のように始まります。
天にまします我らの父よ
ねがわくはみ名をあがめさせたまえ

ただ気になるのは、私の知る範囲の教会では、子の「イエス」という名を呼ぶことはあっても、父の御名が呼ばれることはほとんどないという点です。

私が育った教会学校でも毎週の礼拝で「主の祈り」をささげていました。ところが、「我らの父」の「御名」を聞いたおぼえはありません。つまり教会学校の子供たちは、知りもしない御名をあがめさせてくださいと祈っていたのです。

教会学校だけではありません。個人個人では、とくに文語訳世代なら「万軍のエホバ」というふうに御名を呼ぶ方もいらっしゃいます。でも礼拝や集会で牧師や司会者が父の御名を呼ぶのを聞いたことは、ほとんどありません。説教の中で文脈上というか釈義上で必要な場合を除き、タブーになっているかのようにさえ感じます。

旧約聖書で神の名を表すいわゆる「神聖四文字」の正確な発音がわからないということは私も知っています。
でも、正確な発音でなければ呼んではいけない、ということだとすると「イエス」だって正確ではありません。そもそも日本語でも、同じ教会の中でも、賛美歌などでは都合にあわせて「イエス(i-e-su)」にしたり、「イェス(ye-su)」にしたりと、便利に発音を変えています。(現代ヘブライ語の発音には「ye-su」のほうが近いように感じますし、「i-e-su」よりは「ヤソ」の方が原音に近いのではとも思うのですが。)

もしかして「御名をあがめさせたまえ」というのは、「御名をあがめられるように、どうぞ発音を教えてください」という祈りなのでしょうか。というのは冗談ですが(冗談になってますよね?)。

教会では「神よ、」とは呼ぴます。でも「神」は、「父」の「御名」ではなく、一般的な名詞です。「神よ」と呼んだら、天照大神や、菅原道真公や靖国の英霊が返事するかもしれません。松下幸之助さん(経営の神様)や、手塚治虫さん(マンガの神様)や、カール・ゴッチさん(プロレスの神様)や、八木裕さん(代打の神様)が「自分が呼ばれた」と思うかもしれません。
クリスチャンから「そうした存在は神と呼ばれているだけだ」と叱られそうなことを書いているようですが、まさにその呼び方の問題なのです。キリスト教が来る前から日本語で使われていた「神」という言葉をキリスト教も使うことにした以上、区別するにはやはり御名で呼ぶしかないのではないかと思うのですが。(そもそも、キリスト教が神と呼んでいるお方は、実際には神ではなく、神以上の存在です。それを、日本語の「神」が現わす存在たちと同じところに引きずりおろしてしまっているように思います。)

いずれにせよ「神よ」では、「御名をあがめ」たことにはなりません。
教会では「主よ、」とも呼ぴます。でもこれも御名ではありません。いわば称号ですね。つまり「キリスト」が称号であるのと同様に、「主よ」では「御名をあがめ」たことにはなりません。
たとえば、迷子が「お父さんのお名前は」と聞かれたときに、「父です」「世帯主です」などと答えたらおかしいですよね。それと同じように、「父」は「父の名」ではないし、「神」は「神の名」ではないし、「主」は「主の名」ではないのです。

日本語には、たとえば「おわびします」と言えばもうそれ以上おわびの言葉を述べなくても、わびたことになるという性質があります。それと同じように「御名をあがめます」といえば、実際には御名を知らなくても、御名をあがめたことになる、ということもあるのかなとも思います。
でも私は、実際に御名をあがめたいのです。ことに文語訳世代の方がごく自然に「エホバ」と口にするのを聴くと、うらやましささえ感じてしまいます。私が文語訳聖書を音読しても、どうしても付け焼刃にしかなりませんから。私は口語訳聖書で育って、現在は新共同訳聖書をおもに使用しているのですが、これらの邦訳によって「御名をあがめる」ことを取り上げられてしまったような気さえするのです。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://areopagus.blog65.fc2.com/tb.php/46-ffff8660

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。