スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲッセマネって、どこ?

「誤字等の館・キリスト教用語編」の第6弾です。
例によって、これは本家「誤字等(ゴジラ)の館」を参考にさせていただている(直接的にいえばパクッている)ものです。ここに書くことには、本家は何の責任もありません。

さて、今回の言葉は私自身もよく間違えることなのですが。
最後の晩餐のあと、イエスが「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。」と祈ったのは、どこだったでしょうか。

googleで "ゲッセマネ" を検索すると、18,800件がヒットします。

でもこれは、少なくとも新共同訳、新改訳、口語訳では誤字です。

正解は "ゲツセマネ" です。これをgoogleで検索すると、なんとたった2,820件!
圧倒的多数で、「ゲツセマネ」は「ゲッセマネ」と書かれてしまっているのです。
なーんだ、間違えるのは私だけじゃなかったのか。

でも、「本当はゲツセマネだって知っているけど、読むときとかキーボードを叩くときとかゲッセマネになっちゃうんだよね」ならいいのだけど、「ゲッセマネが正解」だと思っていると、たとえば聖書の語句を検索するサイトやソフトで調べられなくて困りません?

ヘブライ語での発音は、どちらが近いのだろう。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://areopagus.blog65.fc2.com/tb.php/33-da5a1de0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。