スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語の「ありがとう」

普通に使っていたけど実は素敵な言葉だった、と思う日本語の話。最近では「おもてなし」とか、少し前なら「もったいない」とか。それは、そうした言葉を持つ文化に、その言葉が表す感性の国に、生かされているんだなという感動なのだと思う。
で、「ありがとう」という日本語も実は素敵だったんだなと。

NHK-ETVの「こころの時代~宗教・人生~」、先日は「お大師様に導かれ」と題して、弘法大師が開いたとされる徳島の大日寺の住職が取り上げられていました。四国八十八ヶ所で初の外国人住職であるキム・ミョウソンさん、女性です。

キムさんは韓国伝統舞踊の名手で、韓国大統領賞を受賞した記念の来日公演で大日寺の宿坊に泊まったのが最初の縁となり、先代住職と結婚。
先代住職の支援のもと結婚後も舞踊で活躍を続けていたのが、先代住職が亡くなってから得度し、漢字の読み書きもできなかったのに猛勉強して大日寺の住職に就いたという。その苦労は並大抵ではなかったことでしょうが、今は「何事も弘法大師のお導き」といってお遍路さんを迎え寺を切り盛りしているキムさんに、力をあたえてくれた日本語が「ありがとう」だったと。
「大変だったとき、私がこれをどうやって乗り越えるのか、思ってたのはやっぱり住職の愛でした。11年間、毎日私に『ありがとう』こう言ってくれた声が、ずっと毎日聞こえてました。」というキムさんは、「ありがとう」という日本語について次のように語っていました。

世界で一番立派な言葉は、私は日本語だと思います。
私、世界ほとんど参りました。あの、どんな国でも「ありがとう」(という)表現はありますけれど、日本だけが立派な立派な愛の表現持ってます。日本人は感じてないかもわかりませんけれど。
(聞き手「英語だとThank you、あなたに感謝しますっていう言い方しますね?」)
その言葉ね、どんな国でもありますよ。この表現あります。でも日本だけ持ってる本当に立派な表現があります。
日本語(の)「ありがとう」は、翌日会っても「昨日はどうもありがとうございました」、済んだことを、過去のことを、お礼言う。この言葉は日本だけです。
一週間経っても「このあいだ、ありがとうございました」、本当にきれいな表現です。
世界は、済んだことは言わないですよ。あの時だけ、当時、なにかいただいたら、何かされたら「ありがとう」言うけれど、「このあいだ」「昨日は」これは日本だけの表現でした、確かに。

その立派な日本語を、あんまり家族に表現しないんですよ、家族に。
(聞き手「ちょっと照れくさいとか」)
そうです。だから他人には、人々には、いつもその表現、立派な、世界一のやさしい、きれい、愛の表現、しょっちゅうしょっちゅう毎日毎度やっておりますけれど、家族に言わないんです。
だから家族に毎日ありがとう、特に目をあわせて、大きな声で元気よく笑顔で毎日ね。


最後は住職らしく「説法モード」になったみたいですが。
上記は言語や文化の学者の見解ではなく、「個人の意見」に過ぎないかもしれません。でも言われてみると確かに、Thank youの過去形とかって教わった記憶ないです。

日本語の「ありがとう」は、その時かぎりでなく、その後もずっと続く相手との関係性の中で「あのときの恩は忘れていませんよ」ということまであらわしているのかも。そうしたことは他国にもあるかもしれないけれど、感謝の言葉の使い方として表せているのは、キムさんに言わせれば日本語だけだと。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://areopagus.blog65.fc2.com/tb.php/152-a1415ad3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。