スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノアの方舟に関する子供向け讃美歌って

実に6ヵ月ぶりの更新です。

先日、中野教会(日本同盟キリスト教団)恒例の、夏の小学生キャンプをお手伝いしてきました。
今年のキャンプは、ノアの方舟の記事から、救いに入るということがテーマ。
で、用意された歌集にも、子供讃美歌なのか最近のワーシップソングなのか、洪水物語の歌が入ってたのですが。これがなんとも、明るく楽しい歌なんですね。
そういえば、ぼくが知ってるのでいうと「友よ歌おう」か何かに入ってた曲があるのですが、あれも楽しい曲でした。

けど。
よく考えてみると、ノアの物語って決して楽しいお話じゃないんですよね。

動物がたくさんでてくる楽しいお話、って教えかたをということなんだろうか。
でも、ライオンとか群れで生活する動物たちも含めて、ひとつがいor7つがいしか方舟で生き延びられる個体はなかったわけです。
ゾウなどは、肉食獣に襲われたときは円形陣を組んで真ん中に子供を入れて守るほどだけど、でも方舟にはたったひとつの群れの全員さえ乗れなかった 。
みんな、子供や親や群れの仲間を残してきた。
方舟へと集まってきた動物たちは、種の中でも群れの中でも、自分たちしか生き延びられない、自分以外の個体はすべて死ぬという状況を背負って集まってきているわけです。


アダム以来、人間が地を治めると定められ。
そして今、アダムの子孫たちのおろかさゆえに、種の中からごくわずかを残して死んでいかなければならない。

子供向けの聖書絵本などによくある、方舟目指してさまざまな種の動物がペアごとに一列に進んでくる構図の、その背後には死にゆくおびただしい命がある。
彼らがもし話せるなら、それは人間という愚かな支配者への怨嗟の声でなくてなんだろう。

(愚かな民主党政権と日本国民の関係に似てる?ぼくたちは自分で民主党政権を選んだんだから、それは違う。
それより、愚かな日本人のせいで避難もさせてもらえずに放置され放射能を浴びている家畜やその他の生き物のことを考えてしまう。)

だとしたら、一年後に方舟を降りて行った動物たちは、ノアとその家族たちにどんな目を向けただろう。
「ノアさん、あなただけでも正しい人がいたおかげで、方舟で生き延びることができました」という感謝?
そうかもしれない。
でもそれよりずっと強い感情として「人間よ、今度こそ頼むぞ。二度と愚かなことはしてくれるなよ。」と思ったんじゃないかなぁ。

そう考えるとノーテンキすぎるように感じて仕方ないんだ、ぼくの知ってる洪水物語の歌は。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://areopagus.blog65.fc2.com/tb.php/137-d47869d5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。