スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽のパワー

録画しておいた「歴史秘話ヒストリア 日本を救った遣唐使・吉備真備」を再生。
すると。

「西暦2199年」という文字が大写しになると同時に、あの魂をゆさぶるメロディーが!宇宙戦艦ヤマトの主題歌のイントロが!
画面はおなじみの、ガミラスの攻撃によってオレンジ色に干上がった無残な地球。そこにかぶせられた字幕は「滅亡の危機にひんした地球」と。
予約録画を間違えたかと思う間もなく、画面はヤマト艦橋内を艦長席から見下ろすあのカットとなり、字幕は「人類を救うべく」。
そしてさらにおなじみの、ヤマトの全身を左舷下方から見上げるあのカットとなって、「一隻の艦(ふね)が飛び立つ」と。

ここでイントロ部分が終わるとともに音楽は終わり、暗転した画面に「今から1300年前」。
そして「故郷の存亡を担って旅立ったもうひとつの船(ふね)があった」という字幕とともに、遣唐使船がフェードイン。

ああ、なるほど。
やられた。
もっとはやく見抜けて当然のベタな演出に、まんまとやられてしまいました。

なんなんでしょう、あの曲のメロディが持つパワーって。
今こうしてケータイで文章うってるだけでも、感動で目尻に熱いものが。もともと涙腺のゆるい感動体質なのですが、ここまで反応してしまうのはあの曲くらいなものです。

作曲した故・宮川泰さんの葬儀のおり、宮川さんと親交のあったブラスバンド(50人規模)が出棺の際にヤマトを演ったという話を聞いただけで、(曲を聞かなくてもそのニュースだけで)感動したし。

宮川さんといえば40代くらい以上には、紅白歌合戦で「蛍の光」の指揮をニコニコしながらやってたおじさんというほうが伝わるかもですが、私にはやっぱりヤマトです。
中学時代には吹奏楽部で、エイトミュージック版をはじめ何種類ものアレンジや「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」も演りました。でも当時よりも今のほうが、あのメロディで熱いものがこみ上げるようです。

私が、もしも万が一、キリストの再臨よりも前にこの世を離れるのなら。その時は、二番煎じになりますがあの曲で送り出してもらえたらいいですね。もちろんCDでいいですから。
ダメ?何か賛美歌にしろって?やっぱり?


(吉備真備の話はどこにいったんだっけ?しかし「吉備真備」が一発変換で出るとは、ケータイもすごいな。)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://areopagus.blog65.fc2.com/tb.php/111-aa443a1e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。