スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木下弘人牧師から学んだこと

故・木下弘人牧師には、中野教会(日本同盟キリスト教団)の牧師、のちに名誉牧師として在任中にお世話になりましたが、私にとってはそれよりも、上の原幼稚園の園児としてエンチョーセンセーでした。

この方はとにかく「子供たちにイェスさまのおはなしをするのが楽しくてしかたない」という気持ちがあふれていたと思います。

実は説教は内容をあまり覚えていません。ただ、説教集が本とCDで出てますけど、あれでは木下先生の味は十分の一も出てないような。
演壇のマイクが音を拾えないくらい壇上を右に左に動きまわる。ご出身の木曾の言葉なのか「ほんでもってよぉ」が飛び出すともう、説教はライブという感じ。
逆に今になって説教集など読んで、普通の牧師のような説教もする方だったんだ、みたいな。

長年CS奉仕をのさせていただいてる身として、また我が子に証する立場として、木下師のように喜びをもといとしたいなと思うのです。それが難しいんですけど。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://areopagus.blog65.fc2.com/tb.php/110-0e81aa4c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。