スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様は楽をさせてくれない

3月31日(日)は教会にとっても年度の最後の日曜日で、教会学校のスタッフとして準備も含めて何やかやあって。
この日は、キリスト教の例祭でも最重要な復活祭でもあって、教会学校でも準備も含めて何やかやあって。

この日は、中野教会(日本同盟キリスト教団)にとっては九代目牧師の離任前最後の日曜日でもあり。ぼくにとって中野教会の役員(スタッフ)任期の最後の日でもあり。
ただでさえ牧師の交代というのは教会のメンバーにとっておおごとですが、末席とはいえ役員の任期中にそういうことになると、気持ちの面だけでもたいへんで。

4月7日(日)は年度の最初の日曜日、教会学校にとっては新学級での最初の礼拝。ばたばた。
中野教会にとっては十代目牧師の着任後最初の礼拝であり、牧師就任式があり、午後には新牧師就任感謝会があり。
感謝会ではぼくもちょこっと出番があって、その準備に時間かかってたし。

怒濤の年越し、じゃなかった、年度越しでした。

もろもろ無事に終了。おかげで教会ライフ少し気が抜けてます。自分にしてはがんばってたよねと、一息入れたいとこでもある。
でも、やることは山積み。夏恒例の小学生キャンプの計画なんて喫緊だし。

まあ、いいさ。
ぼくが怠け者だってことを神様はよく知ってる。だから神様はぼくに楽はさせない。わかってんだ。
きっと神様は「教会で何かしらの係をやらせて責任を持たせておかないと、こいつはすぐ教会に来なくなる。教会を離れても信仰が揺るがない者もいるが、こいつは教会を離れたらダメになるタイプだ。」って考えてるに違いない。

正直こっちも楽しんでるからいいけど、どこかで「神様にいいようにされてる」と思わないでもない。

大学を出てからの二十数年、何度か引っ越したけど、どこかの教会で教会学校を手伝いもしなかった年というのは一度もないと思う。
それは、きれいごとにするつもり抜きで、教会学校を楽しんでこられた、神を喜んでこられた、ということではある。

神様への、「ありがたいことだ」とほんの少しの「なんかシャクだな」とで、ぼくの教会ライフは今年度も続いていく。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。