スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロテスタント宣教150年って

今年2009年は、日本のプロテスタント宣教150年なのだそうです。

すみません、まちがえました。
プロテスタント最初の宣教師であるベッテルハイムが那覇港に着いたのは1846年4月30日。ですから今年は「プロテスタント宣教163年」でした。

今年を「プロテスタント宣教150年」と言う人たちは、長崎と横浜に宣教師が着いた1859年を基準にしています。つまりこうした人たちにとっては、沖縄を除いた「本土」のみが「日本」なのです。
…まったく、日本キリスト教団九州教区の見解こそ正論です。

と思っていたら、日本キリスト教協議会(NCC)のサイトに変なものをみつけてしまいました。エキュメニカルカレンダーの7月5日の分、「日本における宣教の歩みを覚えて」と題するものを引用します。
 1859年、アメリカ聖公会、アメリカ長老教会、アメリカ・オランダ改革派教会の宣教師たちが、長崎と横浜に到着しました。その時から数えて今年は、150年になります。それ以前の1846年には、英国海軍琉球伝道会派遣の宣教師ベッテルハイムが琉球の那覇に上陸し、8年間、宣教活動を行っており、これが日本のプロテスタント宣教の始まりでもあります。

 日本にプロテスタント教会がたてられてから、教会はキリストの十字架と復活の証人として、日本語でみことばを伝えると共に、教育や福祉における実践を通して福音を宣教してきました。その歩みに海外からの支援と先達たちの苦労があったこと、何より主の憐れみと恵みがあったことを感謝します。しかし同時に、教会は日本の社会に受け入れられることを願うあまり、時局に屈して沖縄を切り捨て、戦争に協力した歴史を悔い改めなければなりません。

 これらのことを覚えつつ、日本プロテスタント宣教150周年記念大会が、日本キリスト教協議会(NCC)、日本福音同盟(JEA)、日本リバイバル同盟(NRA)に加盟している多くの教派・団体によって準備され、7月8日(水)~9日(木)に、パシフィコ横浜において開催されます。

 宣教150周年記念大会が、日本におけるプロテスタント宣教の歩みを感謝すると共に、沖縄との関係や日本の教会の戦争責任などへの反省をも深め、新しい宣教と奉仕と交わりを築く一歩となることを願います。

今年はアメリカなどからの宣教師が長崎と横浜に着いた1859年から150年になる、と言っています。

ただし、1846年から8年間のベッテルハイムによる琉球での宣教活動が「日本のプロテスタント宣教の始まりでもあります」ともいっています。(「始まりでも」の「でも」がまったく意味不明ですが)

ところが、「日本プロテスタント宣教150周年記念大会」であると、1859年からを数えているのです。1846年からの沖縄の歴史は切り捨てているのです。

ところがところが、そのようにNCC自身としては沖縄を切り捨てながら、「教会は…沖縄を切り捨て、戦争に協力した歴史を悔い改めなければなりません」と、悔い改めを教会に迫っているのです。

NCCの出す声明の類は、日本語が苦手な人が書いてるとしか思えないものが多いのですが、この文章もまったく何を言ってるのかわかりません。
などと、NCCを冷静に評価してる場合じゃありません。私にとっては困ったことに、以前の記事で私はNCCに所属する教会の教会員ではないと書きましたが、上記引用中に名前のあるJEAの会員である教団の教会員ではあるのです。
(なお、JEAのサイトには「日本プロテスタント宣教150周年(日本最初のプロテスタント宣教師である米国聖公会のウィリアムズの来日を初めとした場合【安政6年/1859年】)」という記述はありましたが、1846年のベッテルハイムの琉球宣教については一言の言及も見つかりませんでした。)

結局私も、JEAの会員である日本同盟キリスト教団の信徒として「『沖縄の歴史』は『日本の歴史』には含まれないし、『沖縄への宣教』は『日本宣教』には含まれない」と主張する者、イコール「沖縄は日本に含まれないし、沖縄県民は日本国民に含まれない」と主張する者ということです。「聞いてないよ」といいたいですね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。