スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「信教の自由」がなくなったら、クリスチャンやめますか?

どうも釈然としないのです。
「信教の自由が大事だ」とお考えのクリスチャンに質問させてください。キリスト教の福音にとって、信教の自由は本当に必要なのですか?
信教の自由が不自由になったら、伝道が進まなくなるのですか?信仰が守れなくなるのですか?クリスチャンやめますか?イエス様が困るのですか?

信教の自由がないと伝道が進まない、ということはないでしよう。逆に、信教の自由が不自由な国のほうが教勢が伸びています。
中国は宗教を許容しない共産党の独裁国家で、法輪功の件でもチベット仏教の弾圧でも、信教の自由などないことは明らかです。カトリックもプロテスタントも、国家の管理化にある教会だけが公認されている状況です。それでも人口の1割がキリストを受け入れたという報告をしばしば聞きます。10億を超える人口の1割というと、信教の自由がある日本の全人口にも匹敵するキリスト教徒が共産主義国にいるのです。まあ、1割というのは「日本のクリスチャンが1%」というのと同じくらい誇張したものではという気もしますが。
サウジアラビアでは、外国人がほとんどとはいえ数パーセントがクリスチャンだと聞きます。イラクでは、「キリスト教国アメリカ」が治安を破壊したあげくに無茶苦茶を続けているせいでクリスチャンの国外避難が増えたそうですが、フセイン政権末期の頃に万単位のクリスチャンがいたと聞いています。アフガニスタンでも、数は今も少ないものの、2000年頃にはクリスチャンは数家族だったというのに比べるなら急増といえそうです。
メディアごとに数字が違うので正確なところはよくわかりませんし、(根拠のない偏見かもですが)中国の1割というのは「信教の自由がある国ですよ」というアピールのための数字じゃないかという気がします。でもいずれも「少なくない数」だとは言えるでしょう。

信教の自由がないと信仰を守れない、ということもないですよね。
信教の自由がある日本では、前述の通りクリスチャンは1%にも満たないと言われ続けています。などというと「日本のどこに信教の自由がある」などとおっしゃる方もあるかもしれませんが少なくとも、伝道したら逮捕されたとか、聖書を持っていたら死刑になったという話しはまったく聞きません(上に書いた「信教の自由が不自由な国」では、そんなの日常茶飯です。)
信教の自由がある欧米先進国でも、教会に行かない人が急増していると聞きます。(日本でも私が子供の頃は3%と聞いていたのが1%ですが、3分の1になったとも思えないので、減少したという以上に「より実態に近い数字が報告されるようになった」ということだと思いたいです。)
欧米の「キリスト教国」は、統計上は「尋ねられればキリスト教と答える人」が多いから「キリスト教国」のままなのでしょうけど、日本人が「家は仏教ですけど」というのと似たようなものなんじゃないでしょうか。

信教の自由がなくなったらクリスチャンやめます、ということもないですよね。
私のような根性無しには、信教の自由があるほうが楽ですけど、それでも「状況によっては自分が主から離れる」とは思えません。あなたはどうですか?

日本から信教の自由がなくなったらイエス様が困る、ということもないですよね。
主は「耐え忍ぶ者は幸い」とは言われましたが「耐える必要もないのが幸い」とは言われませんでした。「迫害する者のために祈れ」とは言われましたが「迫害させるな」とは言われませんでした。
主は、ご自身の民イスラエルにさえ捨てられることを耐え忍ばれた方、しかも十字架の上で耐え忍ばれた方です。

福音に「信教の自由」は本当に必要ですか?
むしろ迫害下のほうが福音が燃えているように見えませんか?

日本国憲法だけを奉じる「日本国民」には、憲法で保障された権利を守ることは大事でしよう。でも日本国憲法に加えてさらに、というか憲法など比較にならない至上の基準として聖書を奉じる「日本人キリスト者」に、というか「キリスト者」に、信教の自由って必要なのですか?

繰り返しておきますが、私個人にとっては、信教の自由があったほうがラクですよ。
でも、法廷闘争したり、神社の前で「片手に聖書、片手に拡声器」で信教の自由を守れと叫ぶほど、大事なものですかと尋ねたいのです。
裏返していえば、相手を福音から遠ざけてまで(法廷闘争や拡声器で福音に招いているとは思えませんし)、「信教の自由」を守らなきゃならないんですかと尋ねたいのです。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。