スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調弘道牧師から学んだこと

長いこと「神様は、強い人を牧師にするのだろうか。牧師にした人を強くするのだろうか」という疑問を持っていました。
私が知っている牧師さんはみんな、強弱で言えば「強」でしたし、またそうでなければああいうタフな仕事はできないと思ってましたから。

過去形でいうのは、故・調弘道【しらべ ひろみち】牧師を知る前はそう思っていたということです。
(この「お世話になった牧師さん」シリーズ初の日本バプテスト連盟の牧師さん登場)

失礼な言い方かと思いますが、人間の強弱でいえばこの方は「弱」だったと思います。
と言っても、牧師を生涯の職とすることを選べるという自体がハンパではないことです。それでも、私が知っている牧師さんたちから共通して感じるような強さは、調師からはあまり感じませんでした。

たとえば、日曜ごとに講壇に立つ仕事とは思えないくらい、何と言うか、恥ずかしがりな方でした。
教会の近隣にトラクトを配るのにも、恥ずかしいからと早朝に行う方でした。
こういう、苦手なことをどうやったらできるかと考えるような牧師がいると、「私にはそういう奉仕は無理です」とは言いにくくなって、困るというか何というか。

調師の礼拝メッセージはいつも、本当に絞り出すような語り方でした。
時には迫力ある語り方をされることもありましたが、そういう時に逆に違和感のようなものを感じるほど、普段は「全力を振り絞ってやっとここにたどりついた」という感じで。
そういう語り方だからこそ忘れられないメッセージがあります。イースターの翌週くらいの礼拝で「主の墓に向かって女たちがとぼとぼと歩くその先に、主が立っておられた。私たちの力ない歩みの先に、主がいてくださる」というものでした。
もし他の「強」な牧師の説教だったら、こんなに私の中に残らなかったと思いますが、今でも自分の弱さに直面した時はあの何年も前のメッセージが思い出されて「大丈夫、主がおられる」と思えるのです。

ところで調師はまた、どう動くか読めない方という印象がありました。エピソードはいろいろあるのですが、中でも一番、これは度肝を抜かれたと言いたいくらい予想外の動きをされたのは、ある年のクリスマス礼拝のことです。
CSの子供たちが礼拝の中で降誕劇を奉献し、そのあとに調師がいつもの日曜のとおりメッセージのために講壇に上がりました。ところが調師は「降誕劇に感動しました。今日はこれで十分です。説教にまさる降誕劇でした」というようなことだけ言って、講壇を降りてしまったのです。

これは賛否が分かれると思います。(実際にあとで批判的意見も出されたと聞きました)
でも調師くらい経験がある牧師さんなら、いくらでもやりようはあったはずだと思うのです。なのにそれでも、あのようになさったというのは、逆に勇気がいるかもと思います。
もしかすると、語るべきことを示してくださるという聖霊様が、調師に「今日の礼拝はこれで十分ではないか」と示されたのかもしれません。とにかく、礼拝とは?説教とは?ということを考えさせられたできごとでした。
(同時に、CS奉仕者としての私には、礼拝での降誕劇は「出し物の発表会」ではない、仮にも礼拝の中で何かするということはあだやおろそかにできないのだ、ということをあらためて教えられたという思いもあります。)

そんなわけで、最初のあの二択の疑問は最初から間違っていたわけです。強い人を牧師にすることも、牧師にした人を強くすることも、弱い人を弱いまま用いることも、神様は自由になさるのでしょう。

これだけ書いてから言うのもなんですが、人を強弱で評するような考え方自体やはり失礼かもしれません。私自身が弱だから、調師を見ていると、というか調師を用いられた神様を思うと、「弱だというのは言い訳にできないのか」という気にさせられた、ということを言いたかっただけです。

ただ、「弱」だと感じる一方で、調師から何度かお手紙をいただいたのですがそれらはとても力強いものでした。
使徒パウロは「文章は素晴らしいけど、会ってみると」というタイプだったようですが、もしかすると調師もパウロ型だったのかもしれません。

主は、あまりにも早く突然に先生を召してしまいました。許されることならもっとゆっくりたくさん語りあいたかったと思う方です。
スポンサーサイト

S本牧師から学んだこと

また日本同盟キリスト教団の牧師さんですが。
S本先生にお世話になったのはもう十年以上も前になります。この先生から教えられた一番のことは「と書いてある主義」だったと思ってます。
ある日曜日の礼拝説教。確か説教題も「と書いてある」だったような。言うまでもなく、主がサタンの挑戦を旧約聖書からの引用によって退けた箇所から説かれたものです。

こういう、それまでに何度も読んだはずの聖書箇所なのにある日ある時に強く響くというのは、よくあると言えばよくあるのですけど、なぜだろうと思ってしまいます。しかもこの時の「聖書にこう書いてある」は、基本中の基本のはずなのに。

理屈屋の私にはもともと、S本牧師の緻密に論理を組み上げる説教があっていた、ということはあると思います。でもS本師の説教の毎回ではなくてこの時のが強烈に、なのです。
S本牧師ご自身にとっても、何千回かの説教の中の一回だったかもしれません。(だからといってその一回たりとも絶対におろそかにはしない、あえて悪く言えば度が過ぎるくらい説教準備に力を入れる牧師さんでしたけど。)

言霊【ことだま】とでもいうような作用が、「と書いてある主義」という簡潔明瞭かつ根本的な一言にあったような気がしています。
キリスト教的でない言い方かもしれませんね。もしもS本師にこのBLOGを見つかったら叱られるかも。
キリスト教的には、「人々の聞く力に従って」語られる主の霊がこのとき私の耳に働いてくださった、ということになるのでしょう。頭ではそう理解できるのだけれど、感覚ではどうも言霊と言いたくなるような、言葉そのものが持つ力がガツンときた気がしてしまいます。

宗教というものはいろいろな表現によって伝えられていくものですし、また表現によらずただ信仰者の人となりによっても伝わるものですが、言葉という表現方法の持つ力はやはり大きいですね。「あの人のあの時のあの一言が」という経験が私も多いですし。そういう意味では私も、言葉を吟味して使わなきゃとはおもいます(でも考えもせずに反射的に言葉を使ってしまうことが多いんだよなぁ)

S野牧師から学んだこと

日本同盟キリスト教団のS野牧師も、私が影響を受けた牧師のひとりです。私が子供の頃からお世話になっているということもありますが、それよりも、発想の柔軟さですね。

S野牧師に驚かされたのは、たとえば教会員に求められて戒名をつくったという話。先祖累代の墓で自分だけ戒名が刻まれないのは寂しいと言われて、漢訳聖書から御言葉を選んで名前をつくったとか。
この先生、キリスト教式の神棚まで作ってしまったとか。うろ覚えなのですが、たしか、御国の光景を思わせる背景で中央に十字架(聖書だったかも)を配したということでした。
以上は同盟の研修会でうかがったことですが、コロンブスの卵というか、言われてみれば「そういうやり方もあるか」と思うものの、そもそも「何かやり方があるだろうか」という考え方が私には出てこない。というかそれ以前に、戒名や神棚が欲しいという考えがまず出てこないか、出てきても牧師や誰かに相談する以前に「クリスチャンなんだから、そんなふうに思うこと自体がヘン」と、私なら思ってしまいそうです。こういう話を教会員が持って行ける牧師だというのが、まずすごいことだなと。

他にも、神社のお祭りに子供たちが行かないのは、偶像を避けるということではよいけれど子供たちにとっては寂しいことかもという話を聞いて、教会でお祭りをやったとか。
私なんか「お参りするならともかく、お祭りに遊びにいっちゃいけないというのは、神社の祭神を神と認めた上で避けてるということでは」と思うのですが、それは考え方としていろいろでしょう。とにかく、よくあるバザーではなく教会祭りをやってしまうというのがすごいなと。
(教会のフットワークの軽さという面でもすごいよなあ)

S野牧師は、現在は国内でご活躍中ですが、長く宣教師として海外で働いておられました。
多分その経験からでしょう、日本伝道をちゃんと異文化宣教としてとらえておられる方だなと感じます。
聖書が命じることからははずれずに、でもそれ以外のことは柔軟に。できそうで、意外と難しいような気がするのです。

木下弘人牧師から学んだこと

故・木下弘人牧師には、中野教会(日本同盟キリスト教団)の牧師、のちに名誉牧師として在任中にお世話になりましたが、私にとってはそれよりも、上の原幼稚園の園児としてエンチョーセンセーでした。

この方はとにかく「子供たちにイェスさまのおはなしをするのが楽しくてしかたない」という気持ちがあふれていたと思います。

実は説教は内容をあまり覚えていません。ただ、説教集が本とCDで出てますけど、あれでは木下先生の味は十分の一も出てないような。
演壇のマイクが音を拾えないくらい壇上を右に左に動きまわる。ご出身の木曾の言葉なのか「ほんでもってよぉ」が飛び出すともう、説教はライブという感じ。
逆に今になって説教集など読んで、普通の牧師のような説教もする方だったんだ、みたいな。

長年CS奉仕をのさせていただいてる身として、また我が子に証する立場として、木下師のように喜びをもといとしたいなと思うのです。それが難しいんですけど。

牧師から学んだこと

キリスト教の牧師さんというのは、特にエライというわけではありません。
というと語弊がありますけど、少なくとも「聖職」ではない。牧師というのはだいたいプロテスタントでの呼び方だと思いますが、そのプロテスタントではだいたい「聖なる存在とは神のみ」ということで「聖人」という概念さもない教会が多いです。(聖書や讃美歌で、クリスチャンを「聖徒」と呼んでるのはどーなんだ、というのは今はつっこまないでと。)

とは言っても、です。

人は、自分で(キリスト教の)神を見いだすことは、ないことではないけれどそうそうあることではありません。誰かから教えられることがほとんど。
でもって、教えてくれる人を師と呼ぶのは日本人の自然な感覚で、それはクリスチャンでもかわらないわけで。だからキリスト自身が聖書で「あなたがたは先生と呼ばれてはならない」と教えているのに「牧師」と呼ぶし、丁寧に「牧師先生」と重ね言葉を使ったりもする。この辺りはもう文化なので、聖書に反するなどととやかく言うことではないだろうと思います。
私はあるクリスチャンの集まりで韓国の方(しかも私より年長)から「先生」と呼ばれて、私は牧師ではないですと言ったところ、韓国では「先生」は普通の敬称のような感覚でも使えるのだと教わりました。

例によって前置きが脱線してますが、そんなこんなで私も、キリストに倣うというのとは別に、敬愛する牧師先生たちがいます。そうした方々を教祖様にしているわけでも、「地上における神の代理人」扱いしてるわけでもないのですが、でもってそんなに大勢の方を知ってるわけでもないし、それに人物評する立場でもなければその気もないのですが、「こんな牧師からこんなことを教えられた」というところを書きたいと思います。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。